平成14年『静寂からの叫び〜静から動へ』

札幌男気流、5年目にして、衣装を変える事となる。真っ黒なスーツ、胸に赤のワンポイント。スマートかつ、前年の踊らない男気流を払拭する激しい踊りを披露。イメージ新たに “新生札幌男気流”の発信となる。タレントの大泉洋も大絶賛、テレビ局各社からも好評を得て、テレビ出演も急増した。楽曲はアップテンポ。演舞は男気流始まって以来のハードなものになる。前年の踊らない男気流を観た者は、あまりの変わりように驚きの表情を見せた。観る者の期待を裏切る、我々の術中に嵌った訳である。祭りの最終日、大通り丸井今井前では、前代未聞のアンコールを受け、大歓声の中、観客の要望に応えた。 ・・・が、しかし、何かが違う。綺麗過ぎる。毎年の事であるが、試行錯誤の連続である。