平成15年『前略、男気魅せます』

昨年と比べ、楽曲はシンプルなものとなる。しかし、衣装はズートスーツ。“和”のイメージを残しつつ、シンプルかつ大胆な演舞となる。昭和の時代の一世風靡を彷彿とさせる、そして男気流ならではのアクロバットを混じえ、新しい“札幌男気流”を表現した。 男気流が“ここまで変わったのか”と絶賛され、本祭出場後、極真空手全道大会での演舞披露等、営業活動が急増した。 又、この評判が道外へも飛び火し、福島県のヨサコイ祭りに北海道代表として招かれ、大絶賛であった。“前略、男気魅せます”が全国に通用する事を、我々一同、実感した。 実はこの年、スポンサーが、事情により降りてしまい、貧乏チームとしてテレビ出演。沢山の人達から暖かい援助を受け、晴れて本祭に出場。援助を頂いた皆様への“感謝”の演舞でもあった。来年、原点に戻ろう・・・